安心リフォームnavi

リフォームの価格を安くするテクニックを大公開!

リフォームの価格を安く抑えるためのコツと失敗しないための豆知識をご紹介!

古くなってきた家をリフォームして新築のように蘇らせたい!

このようにお考えの方も多いと思いますが、リフォームなんて頻繁に行うことではありませんので何からはじめればいいのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか?

リフォームをしたいと思ったら、まずは「業者選び」がとても重要になってきます。

リフォームは業者選びで全てが決まると言っても過言ではないぐらい、リフォーム業者の選定はとても重要になりますので注意が必要です。

リフォームの費用はもちろん取り扱っているメーカー、仕様、職人、等々リフォーム業者によってさまざまです。

リフォームを検討されるほとんどの方が、地元の工務店やリフォーム会社に依頼したり、知り合いの紹介で依頼したり、大手業者に依頼したりと言うケースが多いと思います。

また、なかには訪問販売によるリフォーム業者に依頼してしまう場合も稀にあります。

しかし、リフォームは何も考えずに適当なリフォーム会社に依頼してしまうと取り返しのつかない事態を招いてしまう場合もありますので要注意なのです。

そこで当サイトでは、リフォームを検討していると言う方のために、リフォームの価格を安く抑えるためのコツとリフォームで失敗しないための業者選びの方法やリフォームに関する豆知識をご紹介して行きたいと思います。

リフォーム会社選びで失敗しないための豆知識

リフォーム会社選びで失敗する人のパターンは、

  • 1社だけに見積もり依頼する
  • 大手リフォーム会社に任せっきりにする
  • 期間限定の大幅割引に騙される
  • 知人の紹介だから断れない

になります。

リフォーム会社選びで一番やってはいけないことは、1社だけに見積もり依頼をして即決してしまうことになります。

リフォームをする際の会社えらは、必ず「複数社に見積もり依頼をする」と言うことを念頭に置いておいてください!

これはリフォームをする上での必須条件になりますのでくれぐれもご注意ください。

次に、大手リフォーム会社だからと言って安心して任せっきりにする人もリフォームで失敗してしまうパターンです。

大手のリフォーム会社であっても、費用面や仕様などについてはきちんと打ち合わせをする必要があり、見積もり段階でもしっかりとチェックしましょう。

リフォームが完了してから「こんなはずじゃなかった・・・」は通用しませんからね。

また、期間限定の大幅値下げや「今だけ」と言う言葉に騙されないようにしてください!

他のリフォーム会社に見積もり依頼すると同じ工事内容でもさらに安い場合もよくありますので、その場で即決は絶対にしないようにしましょう。

それから、最も厄介なのが知人の紹介になります。

知人の顔を立てないといけないから断れないと言うパターンが多くなりますので、リフォームをする際はなるべく知人の紹介などは避けるようにしてください

リフォーム会社を選ぶ際は必ず複数社に見積もり依頼すること!

リフォームをすることが決まりましたら、まずは複数のリフォーム会社に見積もり依頼するようにしてください。

とは言っても、リフォーム会社をインターネットで検索してみても、数が多すぎてどこの会社に相談したら良いのか分からないと思います・・・

それに、1社1社連絡するのもとても大変な作業になりますし、5社に見積もりしてもらうとなると1ヶ月の休日がほとんど潰れてしまいますね・・・

リフォームの見積もりはとても大変な作業で、複数社の見積もりを比較すると言ってもそう簡単なものではないのです。

しかし、後ほどご紹介する方法を活用すれば瞬時に複数社に見積もり依頼ができ、かんたんにリフォーム会社の見積もりを比較することができるのです。

リフォームで失敗したくないと言う方は、ぜひ最後までお付き合いください。

リフォーム会社選びで注意するべき6点をご紹介!

リフォーム会社選びで注意するべき6点をご紹介したいと思います。

実は、リフォーム業界は1日に20件以上もの「クレーム(被害相談)」がある業界なので、本当にリフォーム会社選びに失敗すると大変なことになってしまうのです。

そのため、リフォーム会社を選ぶ際に注意するべき6点をご紹介したいと思いますので、以下の点に注意するようにしてください。

  1. 見積書が曖昧で分かりにくい
  2. モニター価格などの大幅値引きがある
  3. 即日の契約を迫ってくる(今だけこの価格)
  4. メリットばかり言ってデメリットの説明がない
  5. クーリングオフの説明をしない
  6. 下請け業者や孫請け業者に施工を丸投げ

上記の6項目の内、2つ以上あてはまるリフォーム会社は選ぶべきではないのでご注意ください!

特に訪問販売によるリフォーム会社に該当する点が多くなりますので、訪問販売のリフォーム会社が訪れてきた際は十分注意するようにしてください。

万が一トラブルに発展してしまったら非常に面倒で、最悪の場合泣き寝入りしなければならない場合もありますので、訪問販売だけに関わらず上記点には注意するようにしましょう。

リフォームは高額な買い物であり、満足できない結果になってしまうと後悔しか残りませんので、リフォーム会社を選ぶ際は慎重に選ぶようにしましょう。

リフォーム会社を選ぶ際は一括見積りが便利!

大切なことなのでもう一度言いますが、リフォームをする上でも最も重要なことは、「複数社に見積もり依頼すること」になります。

しかし、インターネットやタウンページでリフォーム会社を検索し、1社1社電話をかけて見積もり依頼するのはとても面倒ですよね?

そこでおすすめしたいのが、同時に複数のリフォーム会社に見積もり依頼できる「一括見積り」のサービスになります。

リフォーム会社の一括見積りサービスとは、一度の入力で複数のリフォーム会社に一括で見積りを依頼することができるとても便利なサービスになります。

なぜ、リフォームの一括見積りをおすすめするのかと言いますと、優良なリフォーム会社しか登録できない決まりになっているからです。

一括見積りサービスを運営している会社が、独自の精査方法でリフォーム会社を管理し、優良なリフォーム会社のみを厳選して登録しているのでリフォームを依頼する上でトラブルに発展することはないのです。

リフォーム一括見積りのメリットは?

リフォームの一括見積りのメリットは、

  • 悪徳リフォーム会社に騙されない
  • 適正な相場価格でリフォームすることができる
  • 安心のアフターフォローが充実
  • 口コミ評価の高いリフォーム会社を紹介してくれる
  • 完全に中立的な立場からサポートしてくれる
  • 相談や見積りが完全無料で利用できる

になります。

リフォームと一口に言っても、依頼する会社によって価格もバラバラだし、仕様も様々になりますので提案方法も各社で異なります。

そのため、リフォームして自分好みに仕上がるかは複数社に相談してみないと分からないのです。

大手のリフォーム会社だから安心と言う訳でもなく、昔から地元にある業者だから安心と言う訳でもありません!

もちろんそう言ったリフォーム会社に見積もり依頼するのもありですが、その前にまずは一括見積りを試してみてください。

一括見積りのサービスに参加している業者は、厳しい審査をクリアした優良業者ばかりなので、リフォームの知識がない方でも気軽に相談できて安心して会社を選ぶことができます。

おすすめは、一括見積りで紹介してもらえるリフォーム会社3社ほどと地元の業者、大手リフォーム会社の5社ぐらいに見積もりをしてもらうことです。

実際に5社に見積もり依頼すると分かると思いますが、見事にリフォーム価格にバラつきがあります。

その中で、自分の思っている内容と価格が合致している会社を比較し選択することで、リフォームに失敗することなく完了します。

そのため、リフォームをするのであれば、一括見積りのサービスを利用しない手はないと言うことになります。

ちなみにですが、気になるリフォーム一括見積りのデメリットですが、特にありません。

敢えてデメリットを言うのであれば、地域によって登録されているリフォーム会社が少ない場合があると言う点でしょうか。

これは、リフォーム一括見積りを運営している会社の審査が厳しくて登録できない会社がたくさんあるからになります。

言い換えると、それだけ厳しい審査をクリアした優良なリフォーム会社しか登録されていないと言うことになりますので、安心して依頼できるのではないでしょうか。

リフォーム一括見積りサイトならどれでもいいの?

リフォームの一括見積りサイトは、インターネット上に複数ありますが、どのサイトでも同じと言う訳ではありませんので注意が必要になります。

なぜなら、リフォーム一括見積りのサイトを運営している各会社の審査基準が異なるため、参加しているリフォーム会社の質が異なるからになります。

どうせリフォーム依頼するなら質の高い優良なリフォーム会社が参加している一括見積りサイトを利用したいと思いませんか?

当サイトでは、数あるリフォーム一括見積りサイトの中でも「リノコ」をおすすめしています。

リノコはセカイエ株式会社が運営しているリフォーム一括見積りのサイトで、全国1000社以上の優良業者が登録しており、たった10秒の入力でリフォームの相場をかんたんにチェックできたり、リフォームに関する相談ができたりします。

また、リフォーム会社がリノコに登録するための審査通過率は「9.8%」と非常に厳しくなっているので、優良なリフォーム会社ばかりとなっています。

ちなみにですが、リフォーム会社がリノコの審査に通過して登録するためには最低でも以下の4項目をクリアする必要があります。

  1. 設立して2年以上経過している。
  2. 口コミ調査による審査。
  3. 施工実績がある。
  4. ホームページがある。

最低でも上記の4項目をクリアすることがリノコの一括見積りに参加する条件となっています。

もちろん他にも細かい審査があります。

このようにリノコは徹底して管理していますので、自信を持っておすすめできるリフォーム一括見積りサイトなのです。

その見積もりちょっと待った!100万円以上安くなることもあります!

リフォームをする際にまずは見積もりをしてもらうのが基本中の基本ですが、あなたのその見積もり本当に大丈夫ですか?

本当にその見積もり価格が適正価格なのか分かる一般の方はなかなかいないと思います。

正直リフォームは言い値で決着を付けに来る悪徳業者が多いので、相場以上に高額請求された方も多く、非常にトラブルが多い業界でもあります。

そのため、リフォームを検討していると言う方は必ず複数社に見積もり依頼するようにしてください。

そうすることで100万円以上安くなることも良くある話です。

実際に国民生活センターでは、1日平均20件ほどの相談があると言われています。

その20件の相談者の内に入らないためにも、リノコの一括見積りを活用し適正価格のリフォーム見積もりを算出してもらい検討するようにしてください。

【リノコはご利用者数80万件突破!かんたん10秒でリフォーム見積もり依頼!】

リノコは利用者数80万件以上のリフォーム一括見積りサイトになります。

リノコの特徴は、

  • 約10秒の入力で適正価格が分かる
  • 完全無料で利用できる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に応じてくれる
  • かんたん10秒で概算の適正価格を知ることができる
  • 厳しい審査に合格した優良業者しか登録されていないから安心
  • しつこい営業や勧誘が一切ない

になります。

リノコは適正価格を無料で診断できると言うだけではなく、相談員が常時在籍しており無料相談が可能になりますのでリフォームの知識がない方でも安心です。

また、リフォーム会社紹介の際には、不安要素や不明点をヒアリングしてから紹介してくれますので、しつこい営業や勧誘もなく安心して相談できます。

他社で見積り済みの方でも利用できます!本当のリフォームの相場や適正価格を知るためにもぜひリノコの一括見積りをお試しください。

>>かんたん10秒!リフォームの適正価格を知りたい方はこちら

リフォームで失敗しないための豆知識!

リフォームをする際は、失敗しない為にも必要最低限の知識を知っておく必要があります。

リフォーム価格の相場はもちろん業者の選び方やリフォームの流れなどをある程度把握しておかないと失敗してしまう可能性もあります。

リフォーム会社に相談しながら進めていくと言う方法もありますが、業者は基本的にメリットしか言いませんので言われるがまま進めてしまうと後々後悔することになってしまいます。

そのため、自分でインターネットや本などで調べてある程度の知識を身に付けておく必要があるのです。

そこで以下では、リフォームで失敗しない為の豆知識をご紹介していきたいと思いますので、これからリフォームをすると言う人は参考にしてみてください。

リフォームをする際は第三者機関を介した方が安全!

リフォームは、施主(あなた)とリフォーム会社との二者間で成立し、実際に工事を行うのはリフォーム会社の下請け会社であったり孫請け会社と言う場合が多くなります。

大手リフォーム会社であれば自社で職人を抱えて工事を行っているところもありますが、ほとんどの場合は下請け業者との請負契約のもとリフォーム工事を行います。

ここまでは一般的な話で特に問題は無いのですが、工事を進めていく中で必ずと言ってもい程「言った言わない」のトラブルが発生してしまいます。

このような場合、リフォームの知識が何もないと泣き寝入りしなければならない場合もあります。

上記でも言いましたが、リフォーム業界は非常にトラブルが多く、1日に20件以上もの被害相談が国民生活センターにあると言われています。

このような状況に陥らない為にも「第三者機関」を介してリフォーム会社に依頼した方が圧倒的に有利になるのです。

その第三者機関と言うのが上記で紹介しました「リノコ」になります。

リノコは無料、匿名で利用できて、リフォームの相場や適正価格がかんたんに分かる一括見積りのサイトで、「相談員が常時在籍」しており無料相談が可能になりますのでリフォームの知識がない方でも安心なのです。

リノコは中立的な立場であなたとリフォーム会社の仲を取り持ってくれますので、安心してリフォームを進めることができるのです。

リフォームが完成するまでは10ステップ!

リフォームが完成するまでに必要なステップは意外と多く、大きく分けると「10ステップ」もあります。

リフォームをしたい箇所を整理しどのようにリフォームしたいのか、見積り依頼をして業者選び、工事前には近隣あいさつ等々細かく言いだすときりがありません。

見積り一つにしても現地調査をしてどのような感じにリフォームしたいのか職人や現場監督と打ち合わせしたりする必要がありますので、きちんとした仕様がきまり最終見積りが出るまでにそれなりの期間が必要になってきます。

細かい10ステップについては別記事でご紹介したいと思います。

どこまでリフォームできるのか知る!

リフォームと言ってもなんでもかんでもできると言う訳ではございません。

家の構造上リフォームできないような箇所もありますし、法律やルールによって変えれる部分と変えられない部分があります。

特にマンションのリフォームの場合は自由度が狭くなりますのでご注意ください。

そのため、リフォーム会社としっかりと相談して、自分が思っている理想のリフォームを「このようにしたい!」としっかり伝える必要があります。

リフォームで間取り変更はできる?

リフォームで間取り変更はできますが、構造上できない場合もあります。

柱は基本的に抜くことができない構造上重要な部分になりますので要注意です。

また、マンションの間取り変更は構造上できない場合も多くなりますのでご注意ください。

内装のリフォーム

内装のリフォームは、基本的にクロス(壁紙)の貼り替えや天井クロスの貼り替えになります。

また、天井高を高くして開放感を出したい場合には、天井裏のスペースや設備の確認が必要になります。

また、キッチンや洗面台、トイレの入れ替えは基本的に問題なく行えます。

ただし、寸法が決まっている箇所に設置されている場合は、同じ寸法の設備機器しか入れ替えできませんのでご注意ください。

外壁やベランダのリフォーム

外壁のサイディングやパワーボードのリフォームは色の塗り替えやコーキングの打ち替えが基本となりますが、サイディングを全く新しいものに張り替えるリフォームも可能になります。

パワーボードの場合はコーキングを打ち変えて、吹き付け塗装を行う場合が多くなります。

サイディングボードの場合は、コーキングの打ち替えだけで終わる場合が多くなりますが、塗装をして雰囲気を変えることも可能になります。

また、サイディングが古くひび割れ等を起こしている場合は、張り替えになる場合もあります。

ベランダのリフォームは、基本的に防水工事をして雨漏りがないかのチェックになります。

屋根のリフォーム

屋根のリフォームは、屋根瓦の葺き替え工事が基本になります。

屋根瓦の材料が瓦ではなくカラーベストを使用している場合は雨漏りのチェックと塗装で済ませる場合もあります。

住宅設備機器のリフォーム

住宅設備機器のリフォームと言えば、システムキッチンや洗面台、トイレの入れ替え工事になります。

キッチンまわりは造作工事でオリジナルのシステムキッチンに作り変えたりもできますので、女性の方が最も拘りたいリフォームになります。

水まわりの移設工事

水回りの移設工事は、床下空間があれば基本的に行うことができます。

例えば、キッチンの位置や向きを変えたい場合や、洗面所やトイレの場所を変更したい場合も床下空間があれば可能になります。

ただし、構造上配管を移設できない場合は不可になります。

また、マンションの場合は基本的に水まわりの移設は不可になります。

マンションのリフォームできる部分とできない部分について

マンションでは一戸建てと違いリフォームできない部分が多くなります。

マンションのリフォームできる部分とできない部分は以下になります。

マンションの専有部分のリフォームは〇

マンションの専有部分とは「区分所有法」で個人の所有権となる部分になりますので、基本的にリフォームしてもOKな部分になります。

例えばですが、住戸の内側であるキッチン等の住宅設備機器の変更や内装材、建具などになります。

基本的にマンションの場合は、居住空間であればできる範囲内で自由にリフォームすることが可能になります。

マンションの共用部分のリフォームは×

マンションの共用部分とは、専有部分以外の部分でマンションの所有者全員で所有権を持っている箇所になります。

例えば、外壁、屋根、階段、廊下、ロビー等になります。

これらの箇所はリフォームできません。

マンションの専用使用部分のリフォームは△

マンションの専用使用部分は共用部分にあたりますが、特定の人だけが使用できる部分になります。

この部分は基本的にリフォームすることはできませんが例外もあります。

詳しくは管理組合にご確認ください。

リフォームに必要なお金はどれくらい?

リフォームに必要な費用は当たり前ですがリフォームの内容によって異なります。

リフォームに必要な費用の基本は「材料費+工事費=リフォーム費用」になりますが、リフォームを行うとほかにも細かい出費が発生してしまいます。

例えば、仮住まいをしなければならない程の大規模なリフォームでしたら、リフォームが完成するまでの家賃や引っ越し費用が必要になりますし、住みながらリフォームをする場合でも邪魔になる荷物をトランクルームなどに預ける必要があります。

また、古くなった家具や家電を廃棄する場合の費用や新しい家具や家電を購入する場合の費用も必要になってきます。

他にも、細かい話をするとリフォーム契約をする際の契約書に貼り付けする印紙代なども必要になってきます。

【契約印紙代】

  • リフォーム契約金額300~500万円以下・・・印紙代1,000円
  • リフォーム契約金額500~1,000万円以下・・・印紙代5,000円
  • リフォーム契約金額1,000~5,000万円以下・・・印紙代10,000円

他にも、リフォーム工事中の電気代や水道代、工事中に発見されるガス管や水道管、換気ダクトの傷みや老朽化による取り換え工事費用、リフォーム工事を行うにあたっての近隣住民への挨拶回りの手土産代などの出費も必要になってきます。

リフォームの補助金や助成金について!

マイホームを購入する時に「住宅ローン控除」などがあるように、リフォームを行う際も「補助金」「助成金」、またローンや税制上の優遇措置などを利用する事ができます。

例えばですが、「省エネ住宅」「介護」のためのリフォーム、戸建なら「耐震補強リフォーム」等を行えば補助金の対象になる場合があります。

このような補助金や助成金を有効活用し、経済的に賢くリフォームするようにしましょう。

補助金や助成金の対象になるかは、リフォームする工事内容等によって変わりますので、リフォーム会社が決まりましたら相談するようにしてください。

リフォームをする場合は、上記のような必要最低限の知識を身に付けておくようにしましょう。何の知識もなくリフォームをしてしまうと、業者によっては騙されたりするケースも多く、後悔する場合もありますので要注意になります。リフォームをする際は必要最低限の知識を身に付けて、なるべく「リノコ」のような第三者機関を介してリフォーム会社を選ぶ事をおすすめします。







更新日:

Copyright© 安心リフォームnavi , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.