安心リフォームnavi

リフォームの価格を安くするテクニックを大公開!

リフォームに関するお役立ち情報 壁紙 子供部屋

子供部屋に間仕切り壁を後から作るためのリフォーム費用や価格相場について

更新日:

新築でマイホームを建てる際に、子供が小さい間は部屋を別けることなく広く使いたいと言う思いから2つの子供部屋を間仕切り壁なしで1つの部屋として使う人も多いと思います。

しかし、お子様が成長するに連れてそれぞれの部屋が必要になってきますので、壁を後から作らないといけなくなる場合もあります。

特に小学校低学年の時期は良いけど高学年になってくると、それぞれの部屋を欲しがるお子様も居ますし、中学校受験などを受ける場合は勉強に集中するためにそれぞれの部屋に別ける必要がありますね。

このような場合は、1つの大きな部屋の真ん中に後から間仕切り壁を設置して2つの部屋に別ける工事が必要になります。

そこで今回は、1つの大きな子供部屋を真ん中に間仕切り壁を建てて2つの部屋に別けるための費用等について解説していきたいと思います。




子供部屋を2つに分けるための間仕切り壁

子供部屋の真ん中に間仕切り壁が必要になるケースは、ほとんどの場合「子供が成長し大きくなったので部屋を間仕切って一人づつの部屋にしたい」と言う理由だと思います。

新築の家を購入する際に、間取りを決めると思いますが、お子様が小さい場合やまだ生まれていないと言う場合は、子供部屋を将来的に間仕切る予定にして、二つの部屋を一つにして建築する人も最近では多くなります。

最近の住宅のほとんどが、リビングを広めに取り寝室や子供部屋を狭くする傾向にあることから、はじめから子供部屋を区切ってしまうと言え全体が狭く見えるのも理由の一つになります。

特に子供部屋が4.5帖づつしか取れない場合は区切ってしまうとかなり狭くなりますが、はじめから間仕切り壁を建てずに部屋同士をつなげることで9帖の広い部屋になります。

このような理由から、子供が小さい間は子供部屋を区切らずに広々と利用する場合が多くなります。

しかし問題はお子様が成長し大きくなってきた時になります。

特に小学校高学年や思春期を迎えることにはそれぞれの部屋が必要になりますので、部屋の真ん中に間仕切り壁が必要になってきます。

お子様が同姓である場合は間仕切り壁なしと言うケースが多いと思いますが、成長するに連れて間仕切り壁が必要になる場合がほとんどですね。

では、後から間仕切り壁を作って子供部屋を2つに別ける場合はどれぐらいの費用や手間がかかるのでしょうか?

子供部屋の仕切り方や間取りは一つではない!

子供が成長し1つの部屋を後から2つに別ける際に、ど真ん中に間仕切り壁を一枚ドーンと建てる人がほとんどだと思いますが、部屋の間仕切り方には3パターンほどありますのでそれぞれに合わせた間取りができます。

例えばですが、お子様の性格や兄弟の年齢差、また男女差によって部屋の別け方を変えることができます。

真ん中に壁を建てて2部屋に別ける間取り

最も一般的な子供部屋の間仕切り方は、部屋の真ん中部分に後から間仕切り壁を作って部屋を均等割りにする方法になります。

子供が男の子と女の子の兄弟の場合に多くみられる方法ですが、男の子同士の兄弟や女の子同士の兄弟の場合でも個人スペースを確保したいと言う場合はこの間仕切り方が一般的になります。

この場合はそれぞれが独立して生活できることがメリットで、子供が成長し生活リズムやパターンにズレが生じても影響が少ない間取りになります。

もともとの新築時に、将来的に子供部屋を仕切る予定にしていた作りの場合は、真ん中に間仕切り壁を新たに作るだけのリフォームになりますので、費用も少なく済みます。

部屋を完全に仕切らない間取り

例えばですが、双子の兄弟の場合や同姓の兄弟の場合は、部屋を完全に仕切らずに「一部にだけ目隠し壁」を設置し仕切ると言う間取りのパターンもあります。

特に仲の良い兄弟であればおすすめの方法で、こうすることでお互いの気配を感じながら生活できますので、一人が不安と言う様な場合におすすめになります。

また、完全に間仕切るのではなく一部が繋がっているため空調設備が一つで済むなど光熱費や初期投資が安く済みます。

共有スペースを設ける間取り

最近多くなってきている間取りが「共有スペース」を設けるパターンになります。

例えばですが、遊んだり勉強をする空間は共有スペースにして、寝る場所だけ別けると言う間仕切り方になります。

このように間取りを摂ることで、兄弟の交流もありつつパーソナルスペースもお互いに確保することができますね。

ただし、それぞれの空間が狭くなることがデメリットとなってしまいます。

また、上記2パターンと比較すると、壁を2ヵ所作らないといけなくなりますので費用が少しだけ高くなります。

子供部屋を仕切るための壁を設置する費用はどれぐらい?

子供部屋を間仕切り2部屋に別ける場合は、部屋の真ん中に壁を新たに作る工事が必要になります。

基本的に、将来的に子供部屋を間仕切る予定があると言う場合は、新築の建築時にそう言った事を前提に建築していますので比較的かんたんな工事で費用もそれほど高くはありません。

間仕切り壁を建てることを前提に建築している場合でしたら、照明の位置やスイッチ、コンセントの位置などもしっかりと決めているので移設する必要も無いですし、新たに設置する必要もない場合がほとんどです。

このような場合は、比較的かんたんなリフォーム工事になりますので、費用も安く済みます。

間仕切り壁を作る場合は、間柱と言って通常の柱よりも厚みが薄い柱を天井裏にある野縁と言う木材に留めて構造していきます。

そして、その間柱に石膏ボード(壁の下地材)を貼りつけてクロス(壁紙)を貼るだけのかんたんな工事になります。

この時に、少し雰囲気を出したいのであれば壁にクロスを貼るのではなく珪藻土などの塗り壁で仕上げると言い感じに仕上がります。

ただし、その分費用が高くつきますので、リフォーム会社と相談の上行うようにしてください。

ちなみにこの間仕切り壁を設置する費用は「10万円」と言うのが一般的で、大体これぐらいの予算を見ておけば大丈夫でしょう。

工事期間につきましても、2~3日もあれば十分完了します。

完全無料だから安心!
▼間仕切り壁のリフォーム最安値をチェック!▼

子供部屋を壁以外で仕切る方法もある!

子供が成長し部屋を二つに別けるために間仕切り壁を作ることが多くなると思いますが、壁以外で部屋を仕切ることもできます。

例えばですが、お子様が成人し独立した場合は子供達が使っていた部屋は使用しなくなります。

このような場合、元の大きな一つの部屋に戻して夫婦の寝室にしたり、共通の趣味の部屋にしたりすることができますが、壁を作ってしまった場合は再度壁を撤去するリフォーム工事が必要になりますので手間や費用がかかってしまいます。

そのため、子供達が独立した後のことを考えると、壁で部屋を仕切るのではなく他の物で部屋を仕切ることも視野に入れることをおすすめします。

例えばですが、以下のような方法があります。

可動式収納で部屋を仕切る

部屋を壁で仕切るのではなく「可動式収納」で仕切る方法もあります。

可動式収納の場合は、収納自体にキャスターが付いていますので、かんたんに動かすことができますので子供達が独立した後でもかんたんに元の一つの部屋に戻すことができますし、収納も壁側にくっつければ邪魔になることなく利用できます。

また、可動式収納で部屋を仕切った場合は、子供部屋を広く使いたいときでもかんたんに一つの部屋に変更できますので、お子様の友達が遊びに来て広く使いたいときにとても便利です。

ただし、どうしても天井と床に隙間ができてしまいますので音漏れや光漏れがあり、思春期を迎える時期のプライバシーが守られにくくなってしまいます。

また、壁の厚みよりも可動式収納の方が厚みがありますので、部屋が少しだけ狭くなってしまうこともデメリットとなります。

費用に関しましては、約20万円~となりますので壁を作るよりも高くなってしまいます。

カーテンやブラインドで部屋を仕切る

カーテンやブラインドで部屋を仕切る方法もあります。

このような場合はDIYで自分でできますので、壁を作るよりも費用を安く済ませることが可能で、10万円以下で部屋を仕切ることができます。

ただし、防音効果や遮光性はほとんどありませんし、電話で話している会話の声などは筒抜け状態になります。

デメリットだらけの様に思いますが、天井と床が開いているため、エアコン等の空調設備が1台で済むので光熱費が安く済むと言うメリットはあります。

最近は部屋を仕切るためのオシャレなアコーディオンカーテンなどもありますので、リフォーム会社と相談して部屋の間仕切りをするようにしましょう。

収納棚で部屋を仕切る

最も簡単な方法が、収納棚で部屋を仕切る方法になります。

今ある洋服ダンスや本棚を利用して部屋を仕切る方法になりますので、プライぺーとは保護できませんが最も簡単に部屋を仕切る方法です。

これだと、費用もほとんどかかりませんし、DIYすることなく自分たちでできますので少しでも費用を押さえたいと言う方は参考にしてみてください。

メリットはいつでも元の状態に戻せると言う点と費用がかからないと言う点になります。

部屋を壁で仕切るのではなく子供部屋を増築すると言う方法もある

そもそもですが、新築時に部屋を2つに別けると言う考えがなかった場合で、子供部屋を増やすために間仕切り壁を検討していると言う場合は子供部屋を間仕切るのではなく一部屋増築すると言う手段もあります。

費用は相当高くなってしまいますが、無理に部屋を仕切って窮屈な部屋になるぐらいなら一部屋増築してしまった方が良い場合もあります。

例えば、6帖しかない部屋を2つに別けると3帖ずつしかありませんので、ベッドを置くと勉強机を置くスペースが無くなってしまいますね。

このような場合は思い切って一部屋増築することをおすすめします。

お子様二人の予定が三人になったときにこのようなケースがありますが、人部屋増築した方がスムーズに問題が解決します。

このような場合は、リフォーム(改築)ではなく増築になりますので、床面積が増えることになりますので新たに登記申請する必要も出てきます。

また、敷地面積に対しての建ぺい率や容積率の問題も出てきますので、新築時に設計し貰った建築士や工務店に相談するか、リフォーム会社の方に相談するようにしましょう。

部屋の増築で失敗しないために

増築する場合は一気に予算が上がってしまいますので、しっかりとリフォーム会社打ち合わせをして見積もりを出してもらうようにしてください。

見積もり依頼する際の注意点としましては、一社だけに依頼するのではなく「複数社」に見積もり依頼すると言う点にご注意ください。

リフォーム業界は非常に詐欺の多い業界になりますので、その見積もり価格が市場相場なのか、本当に適正価格なのかを調べるためには複数社の見積りを比較する必要がありますので、くれぐれも一社だけの見積もり価格に満足して契約しないようにしてください。

見積もり依頼を複数社にすることで、リフォーム工事代金を100万円以上安く済ませることも可能になります。

その見積もりちょっと待った!100万円以上安くなることもあります!

リフォームをする際にまずは見積もりをしてもらうのが基本中の基本ですが、あなたのその見積もり本当に大丈夫ですか?

本当にその見積もり価格が適正価格なのか分かる一般の方はなかなかいないと思います。

正直リフォームは言い値で決着を付けに来る悪徳業者が多いので、相場以上に高額請求された方も多く、非常にトラブルが多い業界でもあります。

そのため、リフォームを検討していると言う方は必ず複数社に見積もり依頼するようにしてください。

そうすることで100万円以上安くなることも良くある話です。

実際に国民生活センターでは、1日平均20件ほどの相談があると言われています。

その20件の相談者の内に入らないためにも、リノコの一括見積りを活用し適正価格のリフォーム見積もりを算出してもらい検討するようにしてください。

【リノコはご利用者数80万件突破!かんたん10秒でリフォーム見積もり依頼!】

リノコは利用者数80万件以上のリフォーム一括見積りサイトになります。

リノコの特徴は、

  • 約10秒の入力で適正価格が分かる
  • 完全無料で利用できる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に応じてくれる
  • かんたん10秒で概算の適正価格を知ることができる
  • 厳しい審査に合格した優良業者しか登録されていないから安心
  • しつこい営業や勧誘が一切ない

になります。

リノコは適正価格を無料で診断できると言うだけではなく、相談員が常時在籍しており無料相談が可能になりますのでリフォームの知識がない方でも安心です。

また、リフォーム会社紹介の際には、不安要素や不明点をヒアリングしてから紹介してくれますので、しつこい営業や勧誘もなく安心して相談できます。

他社で見積り済みの方でも利用できます!本当のリフォームの相場や適正価格を知るためにもぜひリノコの一括見積りをお試しください。

>>かんたん10秒!リフォームの適正価格を知りたい方はこちら

上記のリノコは、リフォームをする方の強い味方になります。

リフォームに関する知識がなくても、リノコがあなたとリフォーム会社の仲介をしてくれますので安心です。

あなたが希望するリフォーム内容と、その工事を専門的に行っているリフォーム会社を繋げてくれます。

また、複数社に見積もり依頼ができ、リフォームの適正価格もかんたんに知ることができますので、悪徳業者に騙される心配も一切ありません。

まとめ

子供部屋に後から間仕切り壁を作って部屋を二つに別けるリフォーム工事は比較的かんたんな工事で費用も安く済みます。

基本的には、10万円もあれば十分間に合いますが、悪徳リフォーム業者に引っかかってしまうとそれ以上の費用あ必要になる場合もありますので十分注意するようにしてください。

【要注意】悪徳リフォーム業者に絶対に騙されない方法まとめ!その手口には特徴あり

リフォームをしたいけど「悪徳リフォーム業者に騙されないか心配・・・」このように悩まれている方も多いのではないでしょうか? あなたが心配している以上にリフォーム業界には悪質な業者が多くなりますので、リフ ...

続きを見る

リフォームの価格を安く抑えるためのコツと失敗しないための豆知識をご紹介!

古くなってきた家をリフォームして新築のように蘇らせたい! このようにお考えの方も多いと思いますが、リフォームなんて頻繁に行うことではありませんので何からはじめればいいのか分からないと言う方も多いのでは ...

続きを見る







-リフォームに関するお役立ち情報, , 壁紙, 子供部屋
-, , , , ,

Copyright© 安心リフォームnavi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.