安心リフォームnavi

リフォームの価格を安くするテクニックを大公開!

バルコニー リフォームに関するQ&A

使っていない部屋をベランダにリフォームできる?ベランダの増築や後付けの費用や価格相場

更新日:

ベランダが狭いので、広いベランダが欲しい・・・

ベランダの使い方はさまざまで、基本的には洗濯物や布団を干すためのスペースになりますが、ベランダが広いとさまざまな使い方ができます。

ベランダが広いとバーベキューをしたりもできますし、お花が好きだけど庭がないと言う場合はベランダをたくさんのお花でいっぱいにすることもできますね。

子供も独立し部屋が余っているので、使っていない部屋をベランダにリフォームすると言うことも可能になります。

そこで今回は、使っていない部屋をベランダにリフォームするための費用等について解説していきたいと思います。




使っていない部屋を削ってベランダにリフォームすることは可能?

そもそもですが、使っていない部屋を削ってベランダにリフォームすること自体は可能なのでしょうか?

と疑問に思われる方も多いと思いますが、可能です!

子供達が独立し、部屋が余っていて誰も使っていない場合は、そういった部屋をベランダにリフォームする人も多くなります。

ベランダもリフォームやメンテナンスが必要

ベランダは、外壁や瓦と同じで、基本的に外部になるものなので他の部屋に比べて傷みが早くなります。

そのため、メンテナンスやリフォームが必要になります。

しかし、ベランダのメンテナンスやリフォームは後回しにされがちで、室内のリフォームが優先されます。

その結果、床部分の防水が剥がれていたり、床と壁の接続部分が腐食していたり、ベランダ自体が傷んでしまって雨漏りの原因になったりするケースもあります。

そうならないためにも、ベランダのメンテナンスやリフォームは優先してやるべきなのではないでしょうか。

近年では、ベランダの拡張や後付けによる新設や増設のリフォームが増えてきており、広いベランダを求める人が増えてきました。

時代の流れと共にベランダの使い方が変わってきていて、ただ洗濯物や布団を干すためだけの場所ではなくなってきているのです。

結果的に、ベランダのリフォームを積極的に行う人が増え、最近では使っていない部屋を削って広いベランダにリフォームする人も増えてきています。

敷地内に広いスペースがある場合は、後付けのベランダを新設することも可能ですが、敷地がない場合は部屋を削ってベランダへリフォームするかたちになります。

デザイン性の高いリビングのような機能を加えたベランダが人気

広いベランダと言っても、ただ広ければいいと言う訳ではなく、しっかりとデザインされたリビングのような機能が追加されたベランダが人気になります。

第2のリビング的な使い方が人気で、屋外用のソファを置いたりダイニングセットを置いて食事を楽しんだりもできます。

今まではリビングでくつろぐのがあたりまえだったけど、こういった広くてデザイン性が高く機能面でも充実しているベランダがあれば、くつろぐ場所がリビングからベランダへ変わる場合も少なくありません。

気分転換にベランダで本を読んでみたり、紅茶を飲みながらリラックスしてみたり、日あたりの良い場所ならちょっとしたスペースで家庭菜園をしてみるのも良いでしょう。

使っていない部屋を削ってベランダにリフォームすることで、さまざまな楽しみが増えます。

ベランダのリフォームに必要な価格や相場はどれぐらい?

部屋を削ってベランダへリフォームすることが決まりましたら、気になるのは価格や相場ではないでしょうか?

ベランダのリフォームには、部屋を削ってベランダにする場合と、既存のベランダを増築して広くする場合、何もない所にエクステリアでベランダを新設する場合の3パターンあります。

敷地に空きスペースがない場合は、居室を削ってベランダにリフォームするかたちになると思いますが、念の為それぞれの価格や相場について解説していきたいと思います。

部屋を削ってベランダへリフォームする場合に必要な費用や価格相場

もともと部屋だった部分を削って、ベランダにリフォームする場合はそれなりの工事費用が必要になります。

なぜなら、部屋を削るためには外壁や屋根部分も干渉して来るからです。

屋根瓦の葺き替え工事も必要になりますし、外壁塗装、防水工事等も一緒に行うことになります。

そのため、工事期間も2~3ヶ月ほど必要になります。

気になる価格ですが、6帖の居室部分を削ってベランダにする場合だと「300万円」程度の工事費用が必要になります。

状況によっては300万円以上費用が必要になる場合もありますので、リフォーム工事を検討していると言う方はリフォーム会社に見積もり依頼をするようにしてください。

既存のベランダを拡張してスペースを広げる場合に必要な費用や価格相場

今ある既存のベランダを拡張してスペースを広げることも可能になります。

この場合のリフォームは、エクステリアのデッキバルコニーを繋げるパターンになります。

そのため、敷地内にスペースが必要になってきます。

また、エクステリアのデッキバルコニーになりますので、サイズが規格されたものになりますので、敷地の空きスペースにサイズが入るかどうかが問題になってきます。

費用に関しましては、工事費込みの「1坪(3.24㎡)タイプ(2帖:幅360×奥行90)」で60万円~になります。

ベランダをくつろげるスペースにするような場合は、デッキ部分をウッド調のデッキ材に変更したりもできますので、まるでカフェのような空間を作ることもできます。

色はブラウン系やオーク系、グレー系とさまざまで、自分好みの色を選ぶことができます。

設置方法につきましては、既存のべランドの横に増設するのか、前面部分に増設するのかは敷地の形状やベランダの位置によって異なりますので、リフォーム会社と相談しながら設計するようにしましょう。

小規模ベランダを増設する場合に必要な費用や価格相場

もともとベランダが設置されていなかった部屋の外側にベランダを設置することも可能になります。

この場合もエクステリアのデッキバルコニーを使用します。

必要な費用は「30~50万円」程度が相場になります。

後付けで新設する小規模ベランダの一般的なサイズは「0.5坪(1.62㎡)タイプ(1帖:幅180×奥行90)」になります。

古くなったベランダの交換工事に必要な費用や価格相場

一昔前の住宅では、スチール製のベランダを設置している家が多くなりますが、築年数の経過と共に腐食しているケースが目立ちます。

このような場合は、危険を伴いますのでベランダの交換工事がおすすめになります。

最近はアルミ製のベランダが主流で、アルミ製のベランダに交換するリフォームに必要な費用は、解体費用と撤去費用、新設工事を含めて60万円~が相場価格になります。

完全無料だから安心!
▼ベランダのリフォーム最安値をチェック!▼

ベランダをリフォームする際の注意点

ベランダをリフォームする際にいくつかの注意点があります。

ベランダを新たに設置する場合は、
敷地内の限られたスペースで、比較的狭いスペースを利用するかたちになりますので要注意になります。

ベランダは基本的に2階部分に設置されるため、狭いスペースの中で高さが発生してしまいますので、住宅の構造や安全性を重要視することが大切になります。

また、ベランダの増築や新設に伴い、敷地に対する建ぺい率や容積率も関係してきますので、建築基準法上違反していないかの確認も必要になります。

この点につきましては、専門のリフォーム会社や建築士と相談することをおすすめします。

また、1階の屋根部分にベランダを増築する場合は、基本構造部分の強度の面から検討する必要があるため、自宅を新築した際に設計した建築士と相談することをおすすめします。

ベランダをリフォームする際のポイント

使わなくなった部屋を削ってベランダにリフォームする際や、新たにベランダを増築する場合、既存のベランダを新しいものに交換する場合は、リフォーム会社や工務店に相談することをおすすめします。

この時に、あわせてどれぐらいの費用が必要になるのか見積もり依頼するようにしてください。

それから、ベランダのリフォームで失敗しないためには「複数のリフォーム会社に見積もり依頼する」と言うことを忘れないようにしてください。

なぜなら、一社だけの見積りだと、その金額が本当に適正価格なのか、市場相場と大きな差がないかのチェックをすることができないからになります。

つまり、悪徳リフォーム業者に騙されてしまう可能性が高くなると言うことです。

そうならないためにも、必ず複数のリフォーム会社に見積もり依頼するようにしてください。

実際、リフォーム業界では悪質な業者が多く、その被害に遭われた方もたくさん居ますので、リフォーム工事を行う際は注意が必要になります。

複数のリフォーム会社に見積もり依頼をすることで、未然に詐欺被害を防ぐことが可能になりますので、必ず3~5社に見積もり依頼するようにしましょう。

この時のポイントとしましては、「必ず同じ条件で見積り依頼をする」と言うことになります。

各社に条件が異なると、適正価格を知ることができませんし、相場が分からなくなりますのでご注意ください。

リフォームで失敗しないためには、複数社の見積り金額を「比較検討する」ことが最も大切になります。

【要注意】悪徳リフォーム業者に絶対に騙されない方法まとめ!その手口には特徴あり

リフォームをしたいけど「悪徳リフォーム業者に騙されないか心配・・・」このように悩まれている方も多いのではないでしょうか? あなたが心配している以上にリフォーム業界には悪質な業者が多くなりますので、リフ ...

続きを見る

その見積もりちょっと待った!100万円以上安くなることもあります!

リフォームをする際にまずは見積もりをしてもらうのが基本中の基本ですが、あなたのその見積もり本当に大丈夫ですか?

本当にその見積もり価格が適正価格なのか分かる一般の方はなかなかいないと思います。

正直リフォームは言い値で決着を付けに来る悪徳業者が多いので、相場以上に高額請求された方も多く、非常にトラブルが多い業界でもあります。

そのため、リフォームを検討していると言う方は必ず複数社に見積もり依頼するようにしてください。

そうすることで100万円以上安くなることも良くある話です。

実際に国民生活センターでは、1日平均20件ほどの相談があると言われています。

その20件の相談者の内に入らないためにも、リノコの一括見積りを活用し適正価格のリフォーム見積もりを算出してもらい検討するようにしてください。

【リノコはご利用者数80万件突破!かんたん10秒でリフォーム見積もり依頼!】

リノコは利用者数80万件以上のリフォーム一括見積りサイトになります。

リノコの特徴は、

  • 約10秒の入力で適正価格が分かる
  • 完全無料で利用できる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に応じてくれる
  • かんたん10秒で概算の適正価格を知ることができる
  • 厳しい審査に合格した優良業者しか登録されていないから安心
  • しつこい営業や勧誘が一切ない

になります。

リノコは適正価格を無料で診断できると言うだけではなく、相談員が常時在籍しており無料相談が可能になりますのでリフォームの知識がない方でも安心です。

また、リフォーム会社紹介の際には、不安要素や不明点をヒアリングしてから紹介してくれますので、しつこい営業や勧誘もなく安心して相談できます。

他社で見積り済みの方でも利用できます!本当のリフォームの相場や適正価格を知るためにもぜひリノコの一括見積りをお試しください。

>>かんたん10秒!リフォームの適正価格を知りたい方はこちら

上記のリノコは、リフォームをする方の強い味方になります。

リフォームに関する知識がなくても、リノコがあなたとリフォーム会社の仲介をしてくれますので安心です。

あなたが希望するリフォーム内容と、その工事を専門的に行っているリフォーム会社を繋げてくれます。

また、複数社に見積もり依頼ができ、リフォームの適正価格もかんたんに知ることができますので、悪徳業者に騙される心配も一切ありません。

リフォームの価格を安く抑えるためのコツと失敗しないための豆知識をご紹介!

古くなってきた家をリフォームして新築のように蘇らせたい! このようにお考えの方も多いと思いますが、リフォームなんて頻繁に行うことではありませんので何からはじめればいいのか分からないと言う方も多いのでは ...

続きを見る







-バルコニー, リフォームに関するQ&A
-, , ,

Copyright© 安心リフォームnavi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.