安心リフォームnavi

リフォームの価格を安くするテクニックを大公開!

収納 玄関

リフォームでウォークインシューズクロークを作るための費用や注意点について

投稿日:

誰もが憧れるウォークインシューズクロークですが、リフォームで作るとどれぐらいの費用がかかるのでしょうか?

その前に、ウォークインシューズクロークとシューズクローゼットを同じものだと思っている方も多いと思いますので、それぞれの違いについても解説していきたいと思います。

まずは、あなたがリフォームで作りたいものが「ウォークインシューズクローク」なのか「シューズクローゼット」なのかをハッキリさせましょう。

そこで今回は、ウォークインシューズクロークとシューズクローゼットの違いとリフォームで作る際に必要な費用等について解説していきたいと思います。




ウォークインシューズクロークとシューズクローゼットの違い

まず初めに「クローク」「クローゼット」の違いはなに?と言うことになると思いますのでかんたんに説明したいと思います。

  • クローク・・・ホテルやレストラン等で携帯品や貴重品を一時的に預かってくれる所
  • クローゼット・・・収納全般

クロークとは、ホテルや高級レストラン等にある携帯品等の位置預り所のことを言うのに対して、クローゼットは収納全般を指します。

これを住宅のウォークインシューズクロークに例えると以下のようになります。

ウォークインシューズクロークとは、玄関横などに設置する靴を履いたまま出入りできる収納スペースで、家族の靴や子供の遊び道具、アウトドア用品。スポーツ用品、傘等の基本的に外で使用する物を収納できるスペースになります。

一方シューズクローゼットは、靴を直しておくための収納になりますので、下駄箱等もシューズクローゼットと言うことになります。

では、あなたがリフォームで作りたいのはどちらでしょうか?

おそらくですが、ウォークインシューズクロークの方だと思います。

ウォークインシューズクロークの特徴

ウォークインシューズクロークは、「家族用と来客用の動線を別けることができる」と言う特徴があります。

例えば、ウォークスルーにした場合、玄関に入るとその中に家族用玄関があり、家族はシューズクロークを通ってリビングやホールへ直接出入りできるようにします。

そうすることで、外出から帰宅したときに、靴やコートなどの上着をウォークインシューズクローク内に置いてから部屋に入ることができ、自然に片付けながら家に入る流れが生まれます。

その結果、リビングやソファに上着等を置きっぱなしにすることもなくなりますので、部屋がスッキリと綺麗な状態になります。

一方メインの来客用玄関の方も、ほとんど物が無い状態をキープできますので、いつでもスッキリ綺麗な状態の玄関を保つことができます。

ウォークインシューズクロークがあることで、来客時に慌てて整理整頓する必要もなく、いつでも気持ちの良い状態をキープできます。

また、他人に見られたくない物がある場合や、生活感を出したくない場合にもウォークインシューズクロークは活躍します。

玄関がスッキリするだけで、いつでもお客様を気持ちよく迎えることができます。

ウォークインシューズクロークを作るメリットとデメリット

ウォークインシューズクロークはとても便利な収納スペースで、憧れている方も多いと思います。

しかし、ウォークインシューズクロークはメリットばかりではなくデメリットもありますので、リフォームする前にチェックしておきましょう。

ウォークインシューズクロークのメリット

ウォークインシューズクロークのメリットは、

  • 玄関がスッキリする
  • 靴を履いたまま出入りできる
  • 外で使う用具をたくさん収納できる

になります。

やはりウォークインシューズクロークの最大のメリットは、玄関をスッキリさせることができると言うことではないでしょうか。

靴だけではなく日常的に使うベビーカーや傘、アウトドア用品などを収納できますので、玄関がスッキリします。

そのため、来客時に慌てて整理する必要もなく、いつでも玄関を広々使うことができるのです。

また、最近ではシューズクローク内に冬に活躍するコートやダウンなどのアウターを置いて、外出時の動線を短縮し、外出の準備を楽にすると言う使い方も多くなっています。

他にも子供が外で使うおもちゃやスポーツ用品を家の中に持ちこまずに済むようになりますので、家の中を綺麗な状態に保ちやすいと言うメリットもあります。

ウォークインシューズクロークのデメリット

ウォークインシューズクロークのデメリットは、

  • スペースを取るので家が狭くなる場合がある
  • 増築しないといけない可能性がある

になります。

ウォークインシューズクロークは相当なスペースを必要とする為、他の部屋にシワ寄せが来て居住スペースが狭くなってしまう可能性があります。

特に、最近の新築は基本延べ床面積が決まっている場合が多く、床面積を増やすことで追加料金が発生する場合があります。

リフォームの際は、もともとある玄関まわりのスペースだけでは床面積が足りない可能性が高く、増築する必要がある可能性が高くなります。

今あるスペースをリフォームで間取り変更してウォークインシューズクロークを作る場合は、比較的安価な工事費用で済みますが、増築しないといけない場合はそれなりに費用も高くなります。

ウォークインシューズクロークのリフォーム費用はどれぐらい?

ウォークインシューズクロークのリフォーム費用が気なると思いますが、リフォーム工事の内容や、シューズクロークの大きさによって値段は大きく変わってきます。

特にウォークインにする場合は、それなりのスペースが必要になりますので、空きスペースがない場合はウォークインシューズクローク分のスペースを増築する必要がありますのでそれなりに費用が高くなってしまいます。

もし玄関まわりのスペースに余裕があるのでしたら、少しのリフォームで済みますので費用は「30~50万円」程度で済みますが、玄関やその周りにスペースがない場合は、ウォークインシューズクローク分を増築する必要がありますので100万円以上の費用が必要になります。

いずれにしても、玄関の形状や空きスペースの面積等によってリフォーム費用が異なりますので、詳しい価格を知りたい場合はリフォーム会社等に見積もり依頼するようにしましょう。

完全無料だから安心!
▼シューズクロークのリフォーム最安値をチェック!▼

ウォークインシューズクロークの仕様について

ウォークインシューズクロークと一口に言っても広さや仕様はさまざまになります。

自分の理想のウォークインシューズクロークを作るためには以下の点を意識しながらリフォームすることをおすすめします。

理想の広さはどれぐらい?

ウォークインシューズクロークをリフォームで作る場合はどれぐらいの広さが理想的なのでしょうか?

収納する物の量や家族の人数によって、必要な広さは異なりますが、基本的にはウォークインできるだけのスペースが必要になりますので、最低でも1坪(2帖)は欲しいところではないでしょうか。

理想的なウォークインシューズクロークの広さで言いますと、「3~4帖」程度の広さが理想ではありますが、開いているスペースや増築できるスペースがあるかによって厳しい場合もあります。

では逆に、ウォークインシューズクロークを作る場合、最も狭い場合はどれぐらいまで可能なのかと言いますと、1帖ぐらいまで可能になります。

ただし、1帖のウォークインシューズクロークの場合は、収納力にどうしても欠けてしまいますので物が多い場合は全部入りきらない可能性が高くなります。

1帖のシューズクロークの場合の内寸は約165×約75程度になり、そこに靴を置くための可動式の棚(奥行約30cm)を付けますので、残りの奥行きのスペースは約45cm程度になり人が入るのも横向き歩きでとても窮屈になります。

特に奥に入れる物の出し入れが大変になりますので、やはりウォークインシューズクロークの広さは最低でも1.5帖程度が理想的になります。

1.5帖の広さがあれば一気に空間が広がり、靴を収納することはもちろんベビーカーや傘、ちょっとしたアウトドア用品や子供のおもちゃ等の収納も楽々になります。

扉は必要なのか?

ウォークインシューズクロークを作る場合に「扉は必要?」と悩まれる方が多くなります。

ウォークインシューズクロークは、なるべく物をなくして玄関先をスッキリ見せるために作る人が多くなりますが、せっかく物を隠しても扉がないと中身が見えてしまいます。

そのため、扉を付ける人も居ますが、最近では扉を付けない人も多くなります。

扉を付けた場合、玄関が狭いと框に扉がぶつかったり、玄関に置いてある靴にぶつかったりするから扉を付けれない場合もあります。

開き戸ではなく引き戸にした場合も、基本的に開けっ放し状態になるので扉を付けないウォークインシューズクロークも多くなってきています。

扉を付けない代わりにのれんやロールスクリーンを付けて、来客があるときだけロールスクリーンで目隠しをすると言う使い方が多くなります。

とは言っても、スッキリ見えるのはやはり扉を付ける方になりますので、玄関を生活感のないスッキリ感じに見せたい方は引き戸の扉を付けることをおすすめします。

窓は必要なのか?

ウォークインシューズクロークに窓が必要なのかと言いますと、基本的に窓は必要ありません。

しかし、窓がないと日中であってもシューズクローク内は真っ暗な状態になりますので必ず電気をつける必要があります。

ウォークインシューズクロークに窓があると、日光が差し込んできますので、日中の場合は電気を付けなくても十分明るくなります。

また、シューズクロークに窓があることで、換気することが可能となりますので、クローク内に嫌な臭いがこもりにくくなります。

ウォークインシューズクロークは、靴を置く場所になりますので、どうしても臭いが気になると思います。

そんな時に窓があると換気することができるので、臭い対策としても窓はあった方が良いでしょう。

理想的な位置はどこ?

ウォークインシューズクロークの理想的な位置は、玄関横になります。

ウォークインシューズクロークは、基本的に靴や傘などの外で使用するものを収納する場所になりますので、玄関横に設置し、靴を履いたまま出入りできるように作るのが一般的になります。

また、玄関を開けて目の前にウォークインシューズクロークがあるよりも、横の位置にある方が玄関扉を開けた瞬間の第一印象もスッキリして綺麗に見えますので、なるべく玄関扉を開けて真正面に作るのは避けるようにしましょう。

ウォークスルーの方が使いやすい?

ウォークインシューズクロークはウォークスルーにすることで、靴を脱ぎ、コートやダウン等のアウターを収納し、片付けながらリビングまで辿り着くことができます。

そのため、リビングのソファなどにコートが置きっぱなしになることもなくなります。

結果的に玄関も部屋の中もスッキリしますので、ウォークスルーはおすすめになります。

ただし、ウォークスルーにする場合は、玄関の中にシューズクロークを通りぬける家族用の玄関と来客用の玄関を設ける必要がありますので、それなりのスペースが必要になります。

大規模リフォームで間取りをがらりと変更する予定がある場合は「ウォークインシューズクローク→パントリー→キッチン」のような動線にすることで、女性の方はとても使いやすい動線になります。

買物から帰ってくるとそのままキッチンまで辿り着けますし、パントリーの一部をシューズクロークからの土間続きにしておくことで、今すぐ使わない野菜などを保管しておくこともできます。

シューズクロークをウォークスルーにして上手く使うことで、より自分に合った生活スタイルを作ることができます。

ウォークインシューズクロークを作る際の注意点

ウォークインシューズクロークを作る際の注意点がいくつかあります。

まず、玄関とシューズクロークの両方に十分なスペースが取れているかが重要になってきます。

無理に狭い玄関と狭いシューズクロークを作ってしまうと、どちらも狭い空間となり残念な玄関まわりになる可能性があります。

特にウォークスルーを検討している場合は注意が必要で、狭いとせっかくのウォークスルーも台無しになりますので、スペースが広くない場合はウォークスルーを止めて通常のウォークインシューズクロークを作ることをおすすめします。

シューズクロークを作ったものの使い勝手が悪くなってしまったり、空間に圧迫感が出る可能性もあります。

また、なるべくですが玄関とシューズクローク内には明り取りとして窓の設置をおすすめします。

玄関が暗くなると言え全体の雰囲気まで暗くなってしまうので要注意です。

それから、実際にリフォームする前に、想像になりますがもう一度自分でシミュレーションしてみることをおすすめします。

住宅展示場などへ行って、実際にウォークインシューズクロークを体感してみるのも良いでしょう。

せっかくお金をかけてリフォームするのですから後悔しないウォークインシューズクロークを作るようにしてください。

リフォームでウォークインシューズクロークを作る場合はどこに依頼したらよい?

リフォームでウォークインシューズクロークを作る場合は、まずはリフォーム会社や工務店に見積もり依頼からするようにしましょう。

また、リフォーム工事の費用は、全く同じ工事内容でも業者によって工事費用に大きな差が生まれますので、必ず「複数社に見積もり依頼する」と言うことを覚えておいてください。

リフォーム業界は悪質な詐欺が多く、悪徳リフォーム業者が溢れかえっていますので、このような悪徳業者の被害に遭わないためにも複数社に見積もりを依頼することをおすすめします。

複数のリフォーム会社に見積もり依頼をすることで、市場相場やリフォームの適正価格を知ることができますので、悪徳リフォーム業者の被害に遭うことを未然に防ぐことができます。

また、既に見積もりが完了している状態で、価格に満足していないと言う様な場合も他のリフォーム会社に見積もり依頼することをおすすめします。

特にリフォームの知識がないような場合は、騙されてしまう可能性もありますので注意が必要になります。

以下のようなリフォーム一括見積りサイトを活用することで、1回の入力で複数社に見積もり依頼ができリフォームの適正価格をかんたんに知ることができます。

利用料は完全無料で、専門のアドバイザーがあなたとリフォーム会社の仲介をしてくれますので、リフォームの知識が全くない場合でも安心して利用できます。

また、専門のアドバイザーがさまざまな疑問や質問に対して的確なアドバイスをしてくれますので、リフォームの内容や業者選びで困っていると言う方はぜひ利用してみてください。

その見積もりちょっと待った!100万円以上安くなることもあります!

リフォームをする際にまずは見積もりをしてもらうのが基本中の基本ですが、あなたのその見積もり本当に大丈夫ですか?

本当にその見積もり価格が適正価格なのか分かる一般の方はなかなかいないと思います。

正直リフォームは言い値で決着を付けに来る悪徳業者が多いので、相場以上に高額請求された方も多く、非常にトラブルが多い業界でもあります。

そのため、リフォームを検討していると言う方は必ず複数社に見積もり依頼するようにしてください。

そうすることで100万円以上安くなることも良くある話です。

実際に国民生活センターでは、1日平均20件ほどの相談があると言われています。

その20件の相談者の内に入らないためにも、リノコの一括見積りを活用し適正価格のリフォーム見積もりを算出してもらい検討するようにしてください。

【リノコはご利用者数80万件突破!かんたん10秒でリフォーム見積もり依頼!】

リノコは利用者数80万件以上のリフォーム一括見積りサイトになります。

リノコの特徴は、

  • 約10秒の入力で適正価格が分かる
  • 完全無料で利用できる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に応じてくれる
  • かんたん10秒で概算の適正価格を知ることができる
  • 厳しい審査に合格した優良業者しか登録されていないから安心
  • しつこい営業や勧誘が一切ない

になります。

リノコは適正価格を無料で診断できると言うだけではなく、相談員が常時在籍しており無料相談が可能になりますのでリフォームの知識がない方でも安心です。

また、リフォーム会社紹介の際には、不安要素や不明点をヒアリングしてから紹介してくれますので、しつこい営業や勧誘もなく安心して相談できます。

他社で見積り済みの方でも利用できます!本当のリフォームの相場や適正価格を知るためにもぜひリノコの一括見積りをお試しください。

>>かんたん10秒!リフォームの適正価格を知りたい方はこちら

上記のリノコは、リフォームをする方の強い味方になります。

リフォームに関する知識がなくても、リノコがあなたとリフォーム会社の仲介をしてくれますので安心です。

あなたが希望するリフォーム内容と、その工事を専門的に行っているリフォーム会社を繋げてくれます。

また、複数社に見積もり依頼ができ、リフォームの適正価格もかんたんに知ることができますので、悪徳業者に騙される心配も一切ありません。

まとめ

ウォークインシューズクロークに憧れる人も多いと思いますが、しっかりと目的に応じたシューズクロークを作るようにしましょう。

また、ウォークインシューズクロークを作る場合は、それなりのスペースも必要になりますので、スペースがない場合は増築の可能性もあります。

狭いスペースに無理にシューズクロークを作っても使いにくいですし、玄関に圧迫感も出ますのでおすすめではありません。

ウォークインシューズクロークを作る場合は、十分なスペースを確保するようにしましょう。

【要注意】悪徳リフォーム業者に絶対に騙されない方法まとめ!その手口には特徴あり

リフォームをしたいけど「悪徳リフォーム業者に騙されないか心配・・・」このように悩まれている方も多いのではないでしょうか? あなたが心配している以上にリフォーム業界には悪質な業者が多くなりますので、リフ ...

続きを見る

リフォームの価格を安く抑えるためのコツと失敗しないための豆知識をご紹介!

古くなってきた家をリフォームして新築のように蘇らせたい! このようにお考えの方も多いと思いますが、リフォームなんて頻繁に行うことではありませんので何からはじめればいいのか分からないと言う方も多いのでは ...

続きを見る







-収納, 玄関
-, , , ,

Copyright© 安心リフォームnavi , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.